Xignite is Landing in Japan with Nikkei Group

July 14, 2017

ロボアドバイザーやネット証券企業にとって、基礎データとなるマーケットデータはどこにあるか? 例えば、特定企業の株価は今いくらか? 為替は? 金利は? 実はこれはとてもむずかしい問題で、ほかのインターネットの情報のように、パブリックにアクセスできるもの、かつAPIベースで取れるものというのはほぼ存在していない。東京証券取引所やニューヨーク証券取引所とダイレクトに繋いで使用料を払い、そこと「繋ぎ込み」を作ることになる。

2003年に創業した米Xigniteは、まさに、こうした問題に直面したFintechスタートアップの草分け的な存在だ。Xigniteは各国のマーケットからデータを正規に持ってきてアグリゲートし、これをAPIベースで使いやすく提供しているスタートアップ企業だ。

来日中のXignite創業者でCEOのStephane Dubois氏にぼくが聞いた話では、もともと2003年の創業時には資産運用の会社を作る予定だったそうだ。ところがマーケットデータを探してみたらYahoo Financeくらいしかデータがなく、仕方なくスクレイピングしていた。プロトタイプを持ってVC周りをするなかで、APIベースでのマーケットデータ提供のニーズに気づき、当初の創業理由からピボットした形だという。Xigniteは今や累計36億ドルの資金調達をし、年間1.5兆回のAPIリクエストをさばくFintech企業向けサービスに成長している。利用顧客は欧米を中心に1100社数で、モバイル証券のRobinhoodやロボアドバイザーのWealthfrontやBettermentのほか、Charles Schwabなど老舗金融機関も含まれるという。提供中のマーケットデータは40カ国となっている。

 

Read more...

Previous Article
What Xignite is Doing for Top Tier Financial Institutions
What Xignite is Doing for Top Tier Financial Institutions

CB Insights interviews Stephane Dubois as Xignite is named in The Fintech 250.

Next Article
Xignite to Open Asia Office
Xignite to Open Asia Office

Xignite, a San Francisco-based company that sells market data APIs via the cloud to both fintech startups a...

"Cloudification of Capital Markets" On-Demand Webinar

View Now